REN TAKADA 20TH SPECIAL SITE
OFFICIAL SITE

CONCERT FOR MODERN TIMESCONCERT FOR MODERN TIMES

REN TAKADA

20TH SPECIAL SITE

INTRODUCTION

祝!ソロ・デビュー20周年!
最新作『CONCERT FOR MODERN TIMES』完成!

今年6月にソロ・デビュー20周年を迎えた高田漣。前作『FRESH』から約3年ぶりの新作『CONCERT FOR MODERN TIMES』を今秋にリリースします。本作は国の重要文化財である「自由学園明日館」の講堂にて、8人編成のバンドによるライブ形式で一発録音された作品。20世紀を代表するモダニズム建築家、フランク・ロイド・ライトの設計による自由学園明日館。その<場>の魔力に導かれるように書き下ろした新曲5曲に既発曲のセルフ・カヴァー等を含む全10曲を収録。


RELEASE INFO

高田漣『CONCERT FOR MODERN TIMES』

10/19(水)発売 / FJ234 / ¥3,000+税

高田漣『CONCERT FOR MODERN TIMES』
  1. 01. In A Mist
  2. 02. 明日の館
  3. 03. オーランドー
  4. 04. 赤い風車
  5. 05. 浜の宿
  1. 06. 路地裏のシーニュ
  2. 07. あかんぼ殺しのマリー・ファラーについて
  3. 08. ブルース
  4. 09. 昇る庭園
  5. 10. フランク・ロイド・ライトに捧げる歌
メンバー
  • 高田漣:Vocal, Acoustic Guitar, Resonator Guitar, Banjo & Mandolin
  • 伊藤大地:Drums
  • 伊賀航:Bass
  • ハタヤテツヤ:Piano & Accordion
  • 伊藤彩:1st Violin
  • 吉田篤貴:2nd Violin
  • 三木章子:Viola
  • 村中俊之:Cello

MESSAGE

 二〇二二年が自分のソロ活動二十周年の記念すべき年であるということはこのアルバム『CONCERT FOR MODERN TIMES』を制作する上で重要事項ではありませんでした。実のところ、このアルバムを制作する経緯や録音過程があまりに特異なので、意識しなかった――或いは出来なかった――というのが事実かも知れません。通常のアルバム制作とは違い、まずは趣のある<場>での録音という命題があったのです。近年でいえばニール・ヤング『バーン』や古くはジェイムズ・テイラー『ワン・マン・ドック』や細野晴臣『ホソノハウス』のような通常のスタジオ空間でない場所での録音、さらに欲を付け加えて一発録りライブ録音、且つそれをウィーリー・ネルソン『テアトロ』に於けるヴィム・ヴェンダース監督のようにドキュメント作品として映像にも残すという些か無謀ともいえるアイデアがありきだったのです。会場選びの最初期から念頭にあったのは二十世紀を代表するモダニズム建築家フランク・ロイド・ライトの設計による自由学園の明日館で、光栄にも実現に至りました。実際に録音に使用させて頂いたのはその本館ではなく講堂ではありましたが、場所柄あまり大きな音量での演奏が不可能であり、その<場>の持つ魔力に導かれるまま室内楽的な作品を作ることになりました。

 この明日館が建てられた今から百年前の一九二〇年代、モダニズムは建築のみならずあらゆる分野に渡って模索されました。このアルバムに先立って書いていた「オーランドー」はモダニズム文学のヴァージニア・ウルフの同名小説からタイトルを頂きました。ここに選ばれた作品はすべて何らかのかたちで、この時代、或いはモダン・タイムズ――即ち近代――に関係するもので、同時にタイトルのコンサート<Concert>はライブ演奏の意味でもありますが、同時にその語源であるラテン語<Concerto>の「論じ合う」という意味も含んでいます。混沌として、様々な分断ばかりが感じられる二十一世紀の二十年代にあらためて「近代化とは何であろうか」ということを考える少しばかりの助けになればと願って止みません。

 そしてこの場を借りて、この無謀な試みに参加して下さった音楽家の皆様、音響班や撮影班の皆様、そして何より二十年間波風立てずに粛々と活動を続けてきた高田漣を応援して下さった皆様に心よりの感謝の気持ちをお伝えさせて頂きたいです。

二〇二二年七月某日 高田漣

高田漣

COMMENTARY

高田漣による全曲解説

1. In A Mist

狂騒の二十年代の作曲家/演奏家の中でもずば抜けてモダンなビックス・バイダーベックの楽曲。調性が破壊されるような平行移動などの独自の和声感覚を、現在パリを拠点に活躍する朋友・中島ノブユキ氏はフランス印象派からの影響を感じさせる響きと称しました。弦楽のアレンジを加えると何処となく僕の敬愛するヴァン・ダイク・パークスの作品のようにも聞こえます。

2. 明日の館

文字通り、明日館に捧げた詩と楽曲。ライトが思い描いたであろう祖国の大草原(プレイリー)やフレスコ画、直線で描かれた美しい南向きの窓、出来ることならばずっとあの場所にいたいと思わせる空間でした。

3. オーランドー

モダニズム文学を象徴する作家ヴァージニア・ウルフの同名小説からインスパイアされた楽曲。ですが、詩の内容はウルフの別作品『灯台にて』や『波』に近い水辺の揺蕩いといったほうが適切かも知れません。編曲面ではニール・ヤング『バーン』を想定していたことがあまりにも解り易く感じられるでしょう。

4. 赤い風車

パリのモンマルトルにあったという伝説のキャバレー・ムーラン・ルージュや、そこに毎夜の如く出没した画家ロートレックへの憧れを抱く二十年代の画家志望の主人公を描きました。作編曲的にはエルビス・コステロとブロドスキー・カルテットの『ジュリエット・レターズ』を意識して、当初は弦楽四重奏と歌のみを想定していました。

5. 浜の宿

大正十四年(一九二五年)八月に祖父の高田豊が残した詩に曲を付けました。一度も逢えなかった豊さんですが、詩の中で出会えるような、そんな不思議な感覚を覚えました。

6. 路地裏のシーニュ

ウルフと同じくモダニズム文学を代表する作家マルセル・プルーストの文学史的名作『失われた時を求めて』から着想した物語。シーニュとは同時代の言語学者フェルディナン・ド・ソシュールの説いた記号論による。音楽的にはハーフタイム・シャッフルによる合衆国西海岸的な風情も感じます。

7. あかんぼ殺しのマリー・ファラーについて

ドイツの劇作家であり詩人のベルトルト・ブレヒトによるあまりにも悲しい詩。明日館が建てられた時期に実際にあったこの事件の裁判に通い詰めたブレヒトは詩集『家庭用説教集』にこの詩を残した。作曲したのは父・高田渡と親交の深かった放送作家でシンガーソングライターでもあった佐藤GWAN博さん。父・高田渡は自身最後のスタジオ・アルバムとなった『日本に来た外国詩…。』でこの楽曲をカバーするか最終段階まで迷っていました。

8. ブルース

アメリカを代表する十九世紀の詩人エミリー・ディキンソンの詩に高田渡が曲を付けた楽曲ですが、この曲の元ネタは二十年代に活躍したミシシッピ・ジョン・ハートによる「Louis Collins」。短い詩ながらとても深く心に響きます。

9. 昇る庭園

後半に出てくる「沈める寺」という一節はいうまでもなくフランス印象派のクロード・ドビュッシーの引用ですが、詩の内容は孤独に人生を終える主人公の断末魔。この庭園が楽園であって欲しいと願いますが……。編曲的には緊張感溢れるミニマムさ、息を飲むように歌いました。

10. フランク・ロイド・ライトに捧げる歌

大学時代に建築を学んでいたというアート・ガーファンクルの提案に応え、ポール・サイモンが書いたサイモン&ガーファンクル『明日に架ける橋』に収録された佳曲。聴いていると何気ないけれど演奏してみると実に難解な転調を繰り広げる不可思議な楽曲。出来上がった楽曲を聴いてみると……やはり自然だ。


LIVE FOOTAGE

映像版『CONCERT FOR MODERN TIMES』

配信日程:8/20(土)18:00〜9/4(日)23:59
視聴チケット:¥2,000 ※Tシャツ付きチケットあり。
販売期間:8/19(金)17:00~9/4(日)23:00
受付URL:イープラス:https://eplus.jp/rentakada-stp/
配信メディア:Streaming+
※視聴方法、チケット購入に関するご不明点は、下記URLをご確認ください。
https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide

REN TAKADA CONCERT FOR MODERN TIMES LIVE FOOTAGE

MV

フランク・ロイド・ライトに捧げる歌


SCREENING PARTY

映像版『CONCERT FOR MODERN TIMES』上映会

9/8(木)@横浜・象の鼻テラス
開場19:00 / 開演19:30
出演:高田漣、聞き手:松永良平(リズム&ペンシル)
チケット:¥2,500 ※整理番号付き
チケット取扱:イープラス:https://eplus.jp/rentakada/
チケット発売日:8/20(土)12:00〜


LIVE SCHEDULE

20周年記念ライブ開催決定!

REN TAKADA CONCERT FOR 20TH ANNIVERSARY

2022/10/28(金)@ビルボードライブ東京

1stステージ 17:00開場 / 18:00開演 2ndステージ 20:00開場 / 21:00開演
→ 詳しくはこちら

2022/11/04(金)@ビルボードライブ大阪

1stステージ 17:00開場 / 18:00開演 2ndステージ 20:00開場 / 21:00開演
→ 詳しくはこちら

出演:高田漣(Vo,G) w/伊藤大地(Drs), 伊賀航(B), ハタヤテツヤ(Key)
チケット:サービスエリア¥6,500 / カジュアルエリア¥6,000(1ドリンク付)

REN TAKADA CONCERT FOR 20TH ANNIVERSARY